突然のお葬式…お店もお金もない!20代が安く喪服を買うならしまむら?ネット通販?

それは突然のことでした。
よくお世話になっていた親戚が急に無くなり、実家へ帰らなければならなくなりました。
当時私は大学生、一人暮らしをしていたので、その日のうちに実家へ帰ることに。

高校生までなら、冠婚葬祭は制服が着られるので、服装には困りませんよね。
しかし私は大学生、制服はないし、喪服もありませんでした。
急にこんなことになるとは…。
実家に帰ったのが夜の19時過ぎころ。
田舎の町なので、服屋さんは閉まりはじめ…。
ユニクロで間に合わせようと考えていたのですが、お店に行くまでに閉店してしまう!
そこで、近くのしまむらで買うことにしました。

しまむら、行ってみると意外にも喪服があり、助かりました!
一万円ほどするワンピース型の喪服を買い、なんとかセーフ…。

喪服は買えたとして、次の問題が髪の色です。
当時私は派手な髪色で、相当お金もかけていました。
その時は赤のインナーカラー。
上部分は黒だったのですが、さすがにお葬式に赤はまずいですよね。
すべて黒染めすると、何度もブリーチをしてお金をかけた髪の色が台無し…。
お葬式なのでそんなことは言ってられませんが、黒染めスプレーを使いました。
全体的に染めていたら、黒染めするしかないですが、部分的ならスプレーでカバーできました。

お通夜は特に、準備していたように見えるから、としっかりフォーマルな恰好は避けたほうがいいといわれていますが、それも大学生にはなかなか難しいですよね。
親のおさがりなどがあればいいのですが、あいにくそちらも無く…。
いざという時のために、喪服は用意しておくべきだったと思いました。

大学生なら、入学前にスーツを見に行ったりしますよね。
その時に、スーツのお店で喪服を一応見ておいたほうがいいと思います。
「まだ使う時はないだろう」と思っていても、いつどうなるかはわかりません。
大学生だと、お金もあまりない場合が多いですしね。
少し安くても、一応準備しておいたほうがいいと思いました。

今回はしまむらで買いましたが、今後のためにも、しっかりとした喪服を買いなおしました。このサイトで【20代喪服

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です